人気ブログランキング |

【質問】かおりさんは、人に教えるのが 上手そうな感じですが、もし教えるとしたら何の科目になりますか?

コタツネコさんご質問ありがとうございます!

最初にですね、人に教えるの、上手じゃないんですよ……。 そんな目で見ていただけたなんて。

なんのために勉強しているんだろう。
って、中高生の頃も考えていたんですけど、大人になった今やはり教えられる科目などなくて、がんばって覚えたことが水の泡になってて。
なんのために勉強なんかしたんだろう……。

そう考えたときに必ず思い出してやる気を上げていたセリフがあります。
村上春樹の『ノルウェイの森』のなかで、
学校の勉強なんか将来役に立たないじゃない、ということを言った女性に対して。

「具体的に何かの役に立つというよりは、そういうのは物事をより系統的に捉えるための訓練になるんだと僕は思ってるけれど」


……とね、主人公が答えるシーンがありますけどね、アカデミックな研究まで目覚めなかった私はね、義務教育レベルで十分だと思っちゃいますね。今思うと……😇


と、言い訳を散々したうえで!!


現実的に教えられるのは「中学までの英文法」「3時間で終わる古典文法(超基礎編)」くらいだと思います。それも教えるっていうより単に「説明する」までだな。

って言うのも。
大学1年〜4年のまる4年間、講師のバイトをしていたんですよ。

講師室に貼ってあったのが、

凡庸な教師は喋る。
良い教師は説明する。
優れた教師は示す。
偉大な教師は心に火を付ける。
ーーーーウィリアム・アーサー・ワード


という言葉。

つまりね、点数上げるだけの仕事なら簡単だったんスよ。
強制的に体で覚えさせるとか、歌って覚えるとか(笑)、ゲーム化して覚えるとか。覚えりゃいいんだから。

ただ「好奇心に火がつく」体験でもしないと、本質的に勉強できるようにならないんですよね。講師が変わったらすぐ成績下がっちゃう。問題解決力も自主性も何も育たず、がんばってつけた知識は月日とともに失われ、まぁ修行に耐えぬく根性くらいは残るんですかね? それなら個人プレーの塾なんかに金と時間割かずに、部活にでも集中したらいい。チームワークも学べるし。

……そう思ったので、やっぱり私は、講師として働いたのに、誰の心にも火をつけられなかった=本当の意味で「教える」ことができていないなぁと思いますね。情けなくて妬み記事みたいになっちゃったな😂

先日お話聞く機会があったんですが、沼田晶弘先生はホント憧れますねー。もし今後子どもができたら、中高生のうちに、勉強じゃなくてもいいから、心に火がつく体験を与えたいですねぇ。

b0364203_14493190.jpg

画像は(目つぶってるけど)教えてるっぽく見える写真。何の1シーンでしょう? 詳細は、乞うご期待!


by macadamia725 | 2016-10-19 17:34 | @JD_KAORIだけど何か質問ある?